ジギザギのさいはて
■ジギザギのさいはて
□Since:2004.04.26
Last Update:2019.07.30
▽COUNTER▽
7240082
■TOP□Information□What's New□Profile■Gallery┣□東方Project┣□その他版権┣□オリジナル┣□頂き物┗□ラクガキ■Diary┣最新の日記┣2016年12月 ┣2016年8月 ┣2016年5月 ┣2016年4月 ┣2016年1月 ┣2015年12月 ┗さらに過去 □Link
別館
■Event
┣□活動状況 ┣□参加履歴 ┗□同人誌紹介
■MAIL






安威日記

安威拓郎・その隠された生態に迫る!


2004/08/25(水) 椅子

5年くらい前に買ったパソコン用の椅子を使っているのですが
ついうっかりとタバコの火種を落としてしまいました。
するとどうでしょう。表面のプラスチック(?)部分があっという間に
溶け出し、慌てて火を消した頃にはなんとも無残にスポンジ部分が丸見えに…
そしてこれが困った事に。
ズボンを履いている分には問題ないのですが、パンツ一丁という
夏の寝巻きスタイルでこの椅子に座ると、溶けてトゲトゲになった部分が
太ももの裏に刺さり、未知の痛覚を連続で味わう事に…
しばらく我慢していたのですが、先日、ついに座れば座るほど苦痛を虐げられる
拷問ライクな椅子を捨て、新しい椅子を買いました。
昔、講師の人に
「椅子だけはいいのを買っておけ、でないと「なる」ぞ?」
と、アドバイスを受けていたモノの、良い椅子というのは得てして高価いので
諦めていたというか無理というか、とにかく手が出ませんでした。
しかしそんなことを言っていても、座れないとお絵かきは愚か、仕事も出来ないので
ここはグッと我慢して良い椅子とやらを買ってみました。
何が良いのかまだよくわかりませんが、背もたれがついているのできっと良いに
違いないという発想と独断と偏見とめんどくささから選んだその椅子が。
…今、箱に入って俺の隣にいます。
子供2〜3人楽に入れるんじゃねぇか!?これー!??と叫ぶ程、でかい箱が
今日届いていたので少々面食らいましたが、嬉々として部屋に持ち運び
早速組み立てようとしたところ…ありえない数の部品が収納されており
また、組立て方の載っている説明書を読んでみても
「それぞれの滑車は全部、圧力入れになります。(手ではめ込みます)」
「カチリ音が聞こえたらはめ込んでください」
「中央の穴。レッグフレームに置いてください。」
等となにやらとってもExciteな翻訳が書いてある説明書が一枚。
買った後に気づくのもアレですが外国産の椅子だった模様です。
「中央の穴をどこに置くのか…っていうか穴ってなんだ…!」
「カチリ音…うん、なんとなく言いたい意味は判る」
と、説明書とにらめっこしていたら頭が豆腐になりそうなので、組み立てるのは
また後日にしよう…と、勝負を放り出した負け犬でございます。

ちなみに今はまだ燃えかけの椅子に座ってます。
明日には組立て終りたいなぁ…

BY 安威拓郎

△上に戻る
2004/08/18(水) 盆も過ぎて

どうも、盆とか先祖とかの存在を忘れていた罰当たりです。
コミケとか映画とか普通に連休を楽しんでいました。
そんなわけで明日は田舎に戻ってシーズンのずれた墓参りへ。
盆なので墓を磨いて帰ってくるだけです。目立ったフラグはありません。
…しかし、盆とは何か…
考えてみると盆をローマ字に変換するとBON。
BONを逆にするとNOB。
これはノブと読める。
つまり盆とはアナグラムで、ノブという人物からの警告だったのだよ!

な、なんだってーーー!!!

さて、清清しい程関係ないですがラーメンフリークなる友人と池袋にある
激辛ラーメン店とやらに行って参りました。
行ってみるとそこには「からうまい」と辛い事を前面に押し出した垂れ幕が。
目を凝らさなくともそこら中には赤いポスター、赤い看板。赤い内装…と、
あっちこっちを警告色で施したいかにも辛そうなお店。
名前は忘れてしまいましたが、自分達が頼んだ代物は
辛い味噌ラーメンに激辛の麻婆豆腐が乗っているというダブルパンチの効いた
ラーメンでした。
味は…普通に美味しかったのですが。
それ以上に食べる瞬間、勇んだせいか八重歯で唇を切ってしまい
そこへ唐辛子の利いた味噌を流し込む所為で辛い以前に悶えだす俺。
ぶっちゃけ辛いと痛いしかあまり覚えてませんでした…
次は涼しくなってから無傷でトライしてみたいものです。

BY 安威拓郎



△上に戻る
2004/08/11(水) ゲーム日和2

先日、PS2ソフトで発売された「ミシガン」というゲームを買ってきてしまいました。
発売前からあらゆる意味で気になっていたこのゲーム…
売り文句を直訳すると
「カメラマンは君だ!エロか!?サスペンスか!?」
等と、変化球に見えるストレートな二択で物語が変わる。そんなゲームを
買って来てしまいました。
自分はこういう、きな臭いというかサイケな企画というか
そんな物が大好きなので我慢出来なかったです…
ろくに情報収集をしないでゲームを買ってしまうのは日常茶飯事。
御託は抜きでいざプレイ。

情報収集をしないでプレイしたのは前述しましたが…
想像を絶したストーリーでした。
おおっぴろげに内容を説明すると

・サスペンス部分
街が原型を止めていない、ベルセルクのガッツのお客様のような
化け物に襲われているのを激写。
・エロ部分
転んでド派手な赤いパンツをM字開脚で見せるアナウンサーの
お姉ちゃんを激写。(冒頭)

プレイ時間が多くなるほど、薄ら笑いを浮かべてしまうこのゲーム。
SAIRENというゲームをプレイしたときもこんな笑顔を浮かべてしまったなぁ…
と、さほど昔でもない事を思い出し、またクソゲーコレクションが増えてしまった
事に涙する男が残暑に一人。
指示をしないと足元にいる虫(敵)も殺さないアナウンサーをみて男泣きしておりました。
…でもやっぱりこういうゲームはまた買ってしまうと思います…

BY 安威拓郎

△上に戻る
2004/08/01(日) ゲーム日和

最近何かと目につく「リメイク版」や「復刻版」や「続編」が目立ち始めてますね。
なんで今更…な続編とか唐突なリメイクシリーズとか数えるときりが無いです。
しかしそれを大いに喜ぶ人間事、俺です。
というわけで、鼻息荒くドラクエXのリメイク版を今更ながら
買ってきてプレイしています。
全クリした今でもチマチマとたまにレベル上げをしていたりしますが。
この間、ドラクエシリーズで初めてはぐれメタルを仲間にするという
なんか、これからとんでもない災難が起きてもおかしくないレアな体験をしました。
いざ仲間になると雑魚敵の通常攻撃に30位喰らって即死したり
次のレベルアップまで途方にも無い経験値が必要だったりと意外と使えないかもしれない
事実に涙しそうになったり…
他にも相変わらず赤ん坊の泣き声も怖かったですし、細かいところが微妙に
変わっていたりで楽しめました。
ただ…AIがちょっとアレでしたが…
イオしか唱えないピエールとか、ザラキとベホイミをこよなく愛す嫁さんとか
杖しか信じない娘とか…
…何度作戦を信じてくれない仲間達に殺されたことか…
少し古い話ですけど、ドラクエW(FC版)のクリフトというキャラの取り返しのつかない
AIを思い出したりもしてました。


BY 安威拓郎

△上に戻る

<<前のページへ || 次のページへ>>