ジギザギのさいはて
■ジギザギのさいはて
□Since:2004.04.26
Last Update:2019.07.30
▽COUNTER▽
7240089
■TOP□Information□What's New□Profile■Gallery┣□東方Project┣□その他版権┣□オリジナル┣□頂き物┗□ラクガキ■Diary┣最新の日記┣2016年12月 ┣2016年8月 ┣2016年5月 ┣2016年4月 ┣2016年1月 ┣2015年12月 ┗さらに過去 □Link
別館
■Event
┣□活動状況 ┣□参加履歴 ┗□同人誌紹介
■MAIL






安威日記

安威拓郎・その隠された生態に迫る!


2004/11/14(日) 食い物ネタ

熱燗の染みる気温になってきましたね。
こう寒くなってくると、暖房を付けた暖かい部屋で白身魚の刺身をつまみつつ
ぬる目に燗した日本酒を一献流しながらぼんやりとテレビでも見る。
最高ですね。酒弱いのでわかりませんが。

酒はろくに飲めませんが、カップ焼き蕎麦は食べられるので買ってきました。
その名はペヤング。
ただのペヤングではなく巷で噂になってる「超大盛り」とか冠に付けているアレです。
「一つで少ないって言うんなら二つ食べればいいじゃない!」
と、超ストイックな思想の分量、ぶっちゃけただ二玉入ってたりする奴です。
なんかお湯を使うだけでもポットの半分の湯量が無くなったりもしたのですが…
それくらいの量です。
作っている最中に友人が遊びに来たりしましたが、気にせず食事開始。
流石に二玉も入っていると…こう味に飽きてくるんじゃないかなぁ…とうっすら
思ったので、偶々側にあった一味唐辛子をブレンド。
この時、超大盛りだけあって器の大きさに錯覚したか、目分量を間違えて
蕎麦に向かって大量散布してしまい一気に「激辛」という代名詞がついてしまいました。
最初の内は
「いやいや、これくらいいけるイケる。ペヤング好きやもん。つまりペヤングとは
 ペの若い頃…つまりペ・ヨン様の若い頃という意味なんだよなんだってー!」
等と一人テンション高めに騒いでいましたが、次第に効いてくる辛味と量の多さで
少しずつ黙っていく安威拓郎。
暖房も付けていない部屋で汗を流す男が一人。
…拓郎の箸が 止まる。(大食い選手権のノリで)
3分の一くらい食べたところでリタイヤ宣言を致しました。
それとて小食のわけでは無かったのですが、なんていうか無理でした。
無理無理と騒ぐ俺を見かねてか、遊びに来ていた友人が食べてくれるとのことで。
「食うのは構わないが…全部食べてしまっても構わないんだよな?」
と、なんともどっかのサーヴァントみたいな強気発言をしてくれる頼もしい人。
まぁ一口目を食べたところで、自分が最初にブレンドした唐辛子ボムに引っかかったらしく酷くむせて
「こんなもの食えるか!」と逆ギレ。いや、俺が悪いんですが…
結局、腹の具合を騙し騙し食し、完食。
32分53秒の死闘でした。
多分、一味唐辛子を入れなければもっと早く食べれたかと…

友人から一言「おまえもう余計なことすんな。」

俺もそう思います。

BY 安威拓郎

△上に戻る
2004/11/07(日) いろいろ

育毛剤の試供品みたいなのを貰いました。
よく誰かが「気ン持ちE〜〜〜!」とか「モー乳頭を刺激する!」
とか絶叫しているあのCMです。
折角なので使ってみました。
これがまた凄まじい威力で…なんというか、頭の先から冷水を
ぶっかけられた様な感触というかミント汁を直射されたというか…
風邪引きました。

お久しぶりです、安威拓郎です。
少々身の回りが忙しかったので日記の方をおろそかにしていました…
このまま日記ではなく月記になってしまいますねHehehe
とか自嘲してもしょうがないので、なんか色々あったことをば。

親族関連の用事で少々実家へ帰ったりしていました。
そこであまり触ったことのないワードソフトを使ってみたり。
ちょいとこれでなんか書いてみるか、と甘い考えでソフトを
起動。するとコアな人気を誇る有名な物知りイルカ君に
「句読点の使い方が間違えてるよ表現の重複だよ表現の重複だよラ抜き表現だよ
 日本語わからねぇなら外国に帰れよこの毛唐」
等と散々言葉攻めを喰らったり。(こんなこと実際言われませんが)
何となくオプションの親切機能に敗北した雰囲気になりました。

他の事は仕事関係が含みますのであまり言えませんが、そんな事もチョコチョコやってたりもしますが、冬に同人も出したいのでそれの製作も早めにしてしまっています。
まだ合否は不明ですが、不思議なことに日数計算をすると何故かギリギリ。
何か一日一枚やれば終わるんじゃない?という夢のある計算が…
原因を考えてみる。

エースコンバット5を買う。
プレイする。
夜が明ける。

原因判明。
<<なんてこと!夜を止めていたのは あなただったのね!>>
おそるべしナムコ、こんなところで永夜返し。

…すいません、もう少し真面目に生きます。

BY 安威拓郎

△上に戻る

<<前のページへ || 次のページへ>>